メインイメージ画像

医療分野で漢方が保険適用になり外来や処方数が増加しています

皆さんご存知のように、昨今の日本の医療においては、西洋医学による診察や治療、処方がメインになっています。症状は薬物で抑えたり治したりし、悪い箇所は手術で切除するというダイレクトなアプローチによる即効性と、その実績による積み重ねが、西洋医学が台頭するようになった大きな要因であるといえます。

しかしここ何年かの間に東洋医学、代替医療への注目が大変高まってきました。

中でも漢方薬への注目と人気、それから需要の高まりには目覚ましいものがあります。医療分野での漢方外来の増加や、漢方薬の処方が保険適用になり処方の数も増えている背景には、一般の東洋医学の代名詞でもある漢方薬が症状を抑えるのに対し、漢方薬が体のバランスを整えることで免疫力と治癒力を高めつつ、症状や病気への薬の効果でよくするといったトータルアプローチが見直され信頼されていることが理由として多大にあります。

病気によっては西洋薬より漢方薬の方が即効性は優れている場合もありますし、その人の体質ごとにいくつかの種類を組み合わせ処方されるので、その時点での病状に適した薬をピンポイントで処方できる利点もあります。

漢方薬や西洋薬にもそれぞれの個性が存在するので、認識と納得をして選択するということにより病気の改善や健康を守ることへと繋がります。

中には漢方薬は長く飲まなければ効果が得られない、作用が穏やかなので効果を実感しにくいと思われている人もいますが、大方は専門医の診断を受けて自分に合っている処方をされておらず、ドラッグストア等にて自己判断で服用していることが多いです。漢方薬は比較的即座に変化を実感できますし効果も確かです。

せっかくのよさを生かせないのは非常に残念なので、興味をもったケースではまず医療機関において医師や漢方医に相談の上、不明な点があれば都度質問相談して、不安点や不明点がない上で服用して様子をみていくのが大事です。さて西洋医学と東洋医学の力を合わせた医療を統合医療といいます。医療の世界は毎日進歩し拡充しています。